SESはブラック?経験者が語るSESのメリットとデメリット

この記事の目次

近年、エンジニアの入り口の一つともなっているSES。

求人を見ていても、SESの求人は多くなっていると感じます。

他業種からのキャリアチェンジなど、新卒採用を除くと未経験からのエンジニア採用(1社目)はなかなか難易度が高いです。未経験で求人を探す場合、「未経験可」といったワードで絞り込みをかけることが多いと思いますが、必ずといって良いほどSESの求人がヒットします。

SESはあまり良い印象を持たれない方も多いと思います。検索しても「ブラックだ」、「やめとくべき」みたいなネガティブワードも多くヒットします。

この記事を書いている僕は過去にSESとして働き、SESの良い部分も悪い部分も経験してきました。

この機会にSES経験者として、メリット、デメリットなどをお伝えできたらと思います。

また、この記事は僕の経験だけでなく、当時所属していた会社の役員や営業、SESとして働いていたときの同期、SES事業を行なっている知り合い、常駐先の社員の方などから聞いた話しも含めて書いています。なお、僕の所属していた会社や経験ベースに書かれている箇所も多く、「うちの会社は違うぞ」といったこともあるかと思います。1つの事例と思って読んでいただけたら幸いです。

下記に当てはまる方は、是非チェックしてみて下さい!

  • SESを視野に入れている方や気になっている方
  • SESとしての働き方や実態に興味がある方

SESとは

ここではSES(システム・エンジニアリング・サービス)について簡単に説明したいと思います。

SESはどんなサービスか

SESとは、クライアント企業への技術提供を主としたサービスです。

SES契約という、IT業界における契約形態の一つを取り入れたサービスになります。エンジニア不足や技術不足などを抱えるクライアント企業へ技術者を常駐させ、技術提供を行います。技術提供を目的とした契約となるため、成果や納品物の有無ではなく、技術提供した時間に対して報酬が発生します。

SESと派遣の違い

派遣と混同されやすいのですが、派遣とは異なります。

よく違いとして取り上げられるのが、契約形態や指示命令系統の違いです。

SES/派遣 契約形態 指示命令系統
SES 準委任契約 自身が所属するSES会社
派遣 派遣契約 クライアント企業

詳しい説明は省略させていただきますが、検索していただければ多くの記事が出てきますので、気になる方は調べてみてください!

SESの現状

ここではSESの現状についていくつかお伝えしていきたいと思います。

SESの需要

今日、IT人材不足に伴い、十分に技術者を雇うことが難しくなってきています。開発規模に見合ったエンジニアを確保できない企業が多く、需要と供給が伴っていない状態にあります。

そういった中で、エンジニアを容易に雇うことのできるSESを利用する企業が多くなってきています。クライアント側からするとSESを雇うメリットは結構大きかったりもします。即戦力が必要な場合など、それ相応のエンジニアを雇うこともできますし、教育コストも省けます。また、使えなかったら切るといったことが容易な点もクライアントからするとメリットでしょう。実際にクライアント企業へ常駐したものの、1週間で切られるなんてこともザラです。僕も1週間以内で切られたSESの方を何人かみてきました。

また、戦略的にSESを雇い引き抜きを行う企業もあります。

クライアントが常駐しているSESを引き抜くことはタブーです。引き抜きが発覚した時点で、取引終了となることがほとんどですが、引き抜きを行う企業が多いのも現実です。知り合いのエンジニアもこのパターンで、転職していった方がいます。

現在でも需要は右肩上がりと言えると思います。

SESの採用

SESとしての採用難易度は下がりつつあります。

これはSES会社にエンジニアとして採用される際の難易度です。当然、採用難易度の高いSES会社も存在しますが、比較的に低い企業が多いです。

SESは、技術提供を行うサービスなので、そもそも技術がないと採用されないのでは?と感じた方もいるかもしれませんが、そんなことありません。エンジニア不足なのは、SES会社も同じです。依頼はあるが、抱えているエンジニアが足りないといったSES会社は多く、実際に多重派遣なんかもあります。プログラミングの基礎を少しでも理解していれば採用し、1~3ヶ月ほどの研修を経て、最低限のコードが書ける状態にし、クライアント企業へ常駐させるといった感じです。

技術がなくとも、研修でどうにかするからとりあえず採用スタンスです。人材不足に陥ってるSES会社であればあるほど、このような低技術での採用は多いです。

SESの研修制度

研修制度を採用しているSES会社がほとんどです。前述した通り、実務未経験者などを積極的に採用し、育成していくといったプロセスをとっている会社が多いからです。もちろん技術や経験がある方は研修なしに常駐することもありますが、技術のある方がSESになることは少ない気がします。僕の所属していた会社やSES事業を行なっている他社でも、未経験から入社し、SESとなっている方の割合は高いです。

また、この研修制度が、SESを選んだきっかけになっている方も多かったです。

僕の周りでは、他業種からのキャリアチェンジとしてエンジニアを目指している方が多くいました。そのような方の大半は実務経験を得るためにSESを選んでいました。実務経験を積むために採用難易度の低いSESでスキルアップし、実務経験を積み、タイミングを見て自社開発を行なっている企業等へ転職するといった流れですね。

SESとして働いている方からすると「SESナメンナヨ」と感じるかもしれませんが、これも現実です。

研修を通じて、わからないことを教えてもらえる環境に身を置き、スキルアップを図りつつ、働き口まで保証してもらえ、実務経験も積める。中途採用で、1社目の採用になかなか至らない方からしたら魅力的に映るのも確かです。

さらに、現在では研修中に給料が発生する会社も増えてきています。これもSESがエンジニアの入り口の一つとなっている要因ですね。ですが、全研修生に給料が発生するといった会社は少なく、技術力など、何かしらの条件をクリアした方のみ研修中に給料が発生するといった仕組みを取り入れている会社が多いようです。とは言え、採用される方の多くは経験の浅い方や実務未経験者だったりするので、設定されている条件はあまり高くはありません。

経歴詐称

研修後や常駐が終了した際に、次に常駐するクライアント先を決めるため、依頼のあったクライアントと面接を行います。面接を行なった上で、クライアントからOKが出れば、無事常駐先が決まるといった流れになります。

SES事業は、技術提供をして、対価を得るビジネスですので、自社で抱えているエンジニアをなるべく早くクライアントの元へ常駐させたいといった思いが強く、この面接での経歴詐称がかなり悪質だったりします。全てのSES会社がそういったわけではないと思いますが、比較的多い印象です。

SESとして常駐経験がある方やもともと実務経験がありSESになった方はその経歴を面接で話せば良いのですが、問題は未経験で研修を経て1社目の常駐先を決める際の面接です。

僕の所属していた会社は特別ひどかった(いや、超悪質だった)のですが、他社のエンジニアの方々の話を聞く限り、経歴詐称を行う会社は少なくないです。

当時、所属会社の役員や営業の方からは「経歴詐称はどこの会社も行なっているし、この業界でやっていくためには必要なこと。」というのを何度も聞かされていました。また、常駐先の採用担当の方は、「SESの経歴詐称は存在するし、経歴詐称していることも含め採用している」とのことでした。もちろん、経歴詐称が原因でトラブルになることはありますが、このような「経歴詐称」を受け入れざるおえない状況にある企業もあるようです。

何度も言いますが、全ての企業が経歴詐称を行なっているわけではないと思います。ですが、業界内で「経歴詐称」が横行していることやIT企業のエンジニア不足など、様々な要因が相まって業界自体が麻痺し、それが「普通」になってしまっているのが現状なのかと感じます。

僕がSESで働くまでの流れ

ここでは、実務未経験からSESになった僕の「実際に働くまで」の流れを紹介します。

ちなみに僕は文系の大学を卒業し、ITとは全く関係ない業種で働いた後に独学でプログラミングを学び、SESを経て、フリーランスになっています。

採用

独学したとはいえ、当時の僕はHTML, CSSを少し理解したレベルで、JSなど1行も書いたことありませんでした。そのような状態で未経験可の求人に片っ端から応募していったのですが、SES以外は、カスリもしなかったです。

結果的に面接まで進めたのは、SES会社だけでした。

面接は2次面接まであり、1次は履歴書や経歴書に沿って、前職でどのような仕事をしてきたかや会社説明など基本的な内容でした。そして1次面接後に課題が出され、2次面接時に提出するといった形を取っていました。

課題内容は「HTML, CSS, JS」を利用してwebサイトを制作するといったものでした。

2次面接では、制作したwebサイトについて簡単に説明し、残りは1次面接と全く同じ内容を再度話し終了です。制作したwebサイトはそれっぽいレイアウトを組み、少し動きをつけたものです。その時点で実務をこなせるほどの技術はありませんでしたが、それでも基準はクリアし、採用に至りました。

少し前に当時所属していた会社の採用担当の方とお話しする機会がありましたが、現在は当時よりもさらに基準を下げて採用活動を行なっており、採用難易度はかなり低く、やはり研修でどうにかするからとりあえず採用スタンスでした。

また、SES事業を行なっていることを公表していない企業も存在しますので、気をつけてください。多くはないですが、実際に入社したらSES会社だったみたいなこともあります。

研修

研修期間は1~3ヶ月でした。

スキルによっては、1ヶ月で終了し常駐する方もいますし、3ヶ月行う方もいます。また、依頼の多い時期などは必要な部分のみ学び、早い段階で常駐することがあるので、全てを行わない方も多いです。僕も全ての研修は受けていません。

僕の所属していた会社は、PHPでの開発をメインに行っていましたので、コーディングからPHPのフレームワーク、SQLまで一通り学んでいくといった研修でした。他社では、他の言語を研修時に学ぶところもあります。

カリキュラムをどこまで行うかは、スキルやその時々の依頼件数で決まります。僕の場合は、継続的な付き合いのあるクライアントから依頼があったこともあり、「即常駐させたいから研修はここまで」といった感じで打ち切りでした。

面接対策

クライアントとの面接の前に自社の役員、営業、講師の方との面接対策が入ります。

面接では経歴書とスキルシートを提出するのですが、こちらの2枚はすでに会社側が作成しており、経歴詐称されていました。

クラアントは依頼時にエンジニアのスキル感など、条件を指定できるのですが、僕の場合、そこそこ規模の大きいサービスを開発する案件でしたので、一定以上のPHPスキルが求められていたと思います。

この時点で断るべきだったなと今は凄く後悔しています。

面接

実際のクライアントとの面接です。

面接には営業の方と2人で向かいます。僕はSESの間に5社の面接を受けましたが、基本的にはクライアントの採用担当1名、プロジェクトリーダー2名で行うことが多かったです。営業の方が同席し、面接時も隣にいることが多いです。

面接時間はそれぞれですが、30分程度のところが多かった印象です。初めの20分間はエンジニアがメインで面接を行い、その後、エンジニアのみ退出し、クライアントと営業の方で話をします。この流れに関してはどこのSES会社も同じかと思います。

面接内容ですが、技術面や経験に関しては、経歴書、スキルシートを元に質問されます。

また、どこの面接でもコミュニケーション能力について質問される時間が多いです。エンジニアは、チーム内でのコミュニケーションが大事になってきます。まして、SESとなると既に走っているプロジェクトに外から入っていくことが多いので、なおさらコミュニケーション能力が求められます。「うちに常駐してうまくやっていけるか」といった部分にフォーカスして面接を行なっている印象です。

面接結果は、3日以内に来ることが多く、次の週から常駐することもあれば、翌月の初めから常駐することもあります。そこはクライアントによりけりです。また、面接後にその場で採用されることもあります。

常駐

常駐初日は、営業と共に向かいます。

初めの1~2時間は、社内ルールや自身が入るプロジェクトやサービスについての説明が入ります。

上記が終了次第、実際にプロジェクトに参加していく流れとなります。

初めの1~3日は、環境構築や簡単な改修作業を行いながら、自身の担当するサービスの仕様等の理解を深めていき、その後本格的に開発を行なっていきます。

僕は、この時点でほぼ開発の経験はないのですが、チームのメンバーは、結構コードが書けるエンジニアが入ってくるといった雰囲気でした。

そんな経歴詐称もすぐにバレます。

というか、バレないわけがないです。隠せたとしても初めの1週間が限界です。「スキルシートに〜と書いてあったけど、あれ本当?」と聞かれました。

周りのエンジニアでは、バレた段階で別室に呼ばれ盛大に詰めれらたって方も結構いました。

当然ですよね。常駐先の方々は一切悪くないです。本来ならその時点で契約を切られてもおかしくない中で、僕は切られなかったので、受け入れていただいていたことに感謝しています。また、今でも経歴詐称に応じてしまったことに対する、罪悪感がかなりあります。経歴詐称をするとビクビクしながら仕事をすることになり、クライアントだけではなく自分にもプラスはありません。

僕の所属していた会社では、常駐は2ヶ月~2年と期限が決められていました。平均としては、1年ほどで次の常駐先へいく方が多かったです。案件によっては、初めから2ヶ月と決まっていたりもします。所属するSES会社にもよりますが、基本的には一定の周期で常駐先は変わっていきます。

なぜ一定の周期で常駐先を変更するのか。それは単価を上げるためです。

1つの企業で1年ほど働けば、個人差はありますがスキルや経験はアップします。スキルや経験がアップするということは、エンジニアの価値が上がるということです。例えば、研修を経て、1社目の段階では、40万/月の案件(常駐先)しか契約ができなかったとしても、1年後にはスキルや経験がアップし、できることも増え、60万/月の案件に入れる人材に成長する。これはあくまで例えですが、このようにエンジニアとしての価値が上がり、月60万の案件に入れる人材になったにも関わらず、月40万の案件を継続するのは、非効率ですよね。

SESのメリットとデメリット

僕がSESとして働き、感じたメリット、デメリットについていくつか紹介したいと思います。

SESのメリット

人脈

SESは、クライアント企業のもとに常駐し、技術提供を行います。また、一定の周期で常駐先の変更があるため、多くの方と知り合うことができます。常駐先にもよりますが、出会える方の幅も広く、エンジニア、デザイナー、ディレクター、マーケター、営業など、様々な職種の方との出会いがあります。

フリーランスや起業などを視野に入れていて、人脈を増やしたい方にとっては、メリットだと思います。今ではTwitterなどSNSを介する方法もありますが、SESの場合、常駐して一緒に仕事をするので、濃い繋がりを持つことができるのではないかと思います。

働き口

SESは、もしもの時の働き口の確保にも繋がります。ただし、これは常駐先で良い人間関係を構築できた方に限ります。

僕は常駐が終了するタイミングで、SESを辞めフリーランスとなったのですが、その際に常駐先の方々から「フリーランスでうまくいかなかったら、うちで採用するから連絡して欲しい」と連絡先と名刺をいただきました。現在でもたまに連絡をとりますが、「採用するよ」と言っていただけます。ありがたいですね。

常駐先によってはスキルアップ可能

スキルアップに関しては、メリットになることも、デメリットになることもあります。

様々な案件に携わらせていただける企業に常駐できれば、スキルアップが可能です。

僕の周りでも、上記のような企業へ常駐したエンジニアと単純作業しか任せていただけない企業へ常駐したエンジニアでは、1年後のスキルのギャップはかなり大きかった印象です。2人ともかなりの努力家でしたが、置かれた環境によって大きく差がついてしまいます。

常駐先の希望は出せますが、常駐1社目の場合、通らないことが多いと思います。2, 3社目であれば、ある程度の希望は通るのですが、未経験からSESになり初の常駐ともなれば、もはや良いクライアント先に常駐できるかは運でしかないです。

常駐先によっては残業が少ない

クライアントからすると、SESはお客さんでもありますし、残業を求めずらかったりもします。また、他の社員と比べ、残業手当などのパーセンテージが高い傾向にあるため、長時間の残業を求められることは少ないと思います。

引き抜き

常駐先の企業が、SESの引き抜きを行うことはタブーです。これはどこのSES会社も同じで、事前にそういった契約を双方で結んでいます。引き抜きが発覚した場合、取引中止となります。

とは言え、実際には引き抜きは行われています。

また、人材不足ということもあり、低スキルのエンジニアも引き抜きの対象となります。即戦力というよりは、うちで育てるから来て欲しいといった人員確保的な理由での引き抜きが多い印象です。

また、タブーではありますが、SES側から常駐先の企業へ転職の打診をする場合もあります。

SESのデメリット

人間関係

SESは、多くの方と接していかなければならない働き方でもあるので、人間関係でうまくいかないことも時にはあります。あまり多くの人(特に新規の人)と関わりを持ちたくない方は、SES向きではないと思います。

他の業界や職種にも当然当てはまりますが、「いかに自分からコミュニケーションを取っていくか」が常駐先での人間関係構築のポイントになります。逆にこれができないと居心地の悪い環境で働いていくことになります。

これまでSESを雇った経験や常にSESが常駐している企業であれば、ある程度慣れがあるので打ち解けることはそこまで難しくありません。しかし、そうでない企業の場合、最初は大変かもしれません。

関係構築で苦戦しないためにも、経歴詐称を指示する会社であれば、指示された段階で、断るか出来るだけ最小限で済むようにすることをお勧めします。

経歴詐称とはいえ、経験のない状態で、所属会社からの指示を断るのは勇気がいることです。「チャンスを無駄にしないためにも我慢しなければ」と感じることもあると思いますが、経歴詐称は犯罪ですし、SES会社が自社のエンジニアを早く常駐させたいがためだけに行なっていることで、そこに常駐後のエンジニアへの配慮などは感じられません。常駐させられればそれでいいのかもしれませんが、エンジニアからすると、その後も「経歴詐称したことを負い目に感じながら」働かないといけないので、かなりのストレスです。

このストレスが原因で体調を崩す方や鬱になる方もいると聞いています。クライアントのためにも、自身を守るためにも、可能な限り断りましょう。

常駐先によっては激務になることもある

メリットにて、残業は比較的少ないとお伝えしましたが、常駐先と時期によっては激務になることもあります。受託をメインに行なっている企業へ常駐した同期は、残業も休日出勤もありました。

1週間で契約を切られることもある

常駐後、1週間で切られるなんてこともあります。

切られてしまう方々の共通点としては、コミュニケーションが取れていない、協調性がない、遅刻欠勤が多いといった点が挙げられます。コミュニケーションに関しては、人見知りもありますが、常駐先の方々とあまり接点を持ちたくないように写ってしまっている方も多かったです。

経歴詐称や技術不足で契約を切られてしまう方もいるにはいるのですが、上記のような理由で切られてしまう方のほうが多い印象です。

あまりスキルアップできないこともある

常駐先によっては単純作業しか任せていただけないこともあります。僕が所属していた会社でもありましたが、テンプレにひたすらテキストをコピペしていくだけの案件なんかも存在します。コピペだけであれば、わざわざSESを雇うこともないと思うのですが、これも人材不足ってやつなんですかね。

また、短期の案件や短期間で契約を切られてしまうようなことが続くと、エンジニアとしてまともに働くことができず、面接と常駐を繰り返すことにもなります。

希望がどれくらい通るかにもよりますが、一つの言語やフレームワーク等を極めることが難しいこともあります。一定の周期で常駐先の変更があるため、それに伴い言語やフレームワーク等が変わることもあります。ある程度スキルが身につく前に、異なる言語を扱う案件に移動などといったことが続くと、習得スキルは広く浅くになってしまいます。

SES会社を辞めた今思うこと

この記事でも紹介したようにSESはメリットもあります。しかし、僕はデメリットの方が多いと感じているので、SESをあまりオススメはできません。

とは言え、決めるのは自分自身です。

この記事では、SESについて気になっている方々へ、僕が経験したことや思うことをお伝えできればと思い書きました。

長々と書きましたが、みなさんの参考になれば幸いです!

Share