プログラミングの独学は無理?に【元講師】が答える。

Writing by Naoto

『プログラミングの独学が可能かどうか』の議論はブログ、メディア、SNSなどでたまに目にします。また、これから勉強を始めようと思っている方にとって、気になるテーマでもあると思います。

 

『プログラミング 独学 無理』でググると、無理→プログラミングスクールに通いましょうという流れが多いですね。なぜなら、そのサイトは、アフィリエイトをやっているからです。笑

 

僕は今まで約100人くらいに、プログラミングを教えてきました。

 

現在はフリーランスでweb制作をやっているので、周りはエンジニアばかりです。独学でエンジニアになった人もいれば、プログラミングスクールに通った人もいますし、新卒で入って仕事しながら習得した人もいます。その経験から独学は可能なのか?という疑問に答えます。

 

初めに結論を言っておくと、独学は可能です。

理由や向いている人の特徴を説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

TOPICS

プログラミングを約100人に教えて感じたこと

まず、約100人の生徒にプログラミングを教えて感じたことは、モチベーションの維持が本当に大変ということです。

 

プログラミングスクールに通うということは、もちろんお金を払ってそれなりにやる気があって来ている方です。そんな方でさえモチベーションは続かないのが現実です。実際大手のスクールでも小規模にやってるスクールでもかなりの数が途中で離脱します。


藤沢数希さんのこちらのツイートはジムでの筋トレ継続率ですが、プログラミングや英会話などにも当てはまると思います。1年後の継続率4%は僕の体感的にも、あっている気がします。

 

ただ、この4%に入ればプログラミングを仕事にすることは可能です。

僕が教えた生徒さんは、おそらく10~15人くらいは今プログラミングやITに関わる仕事をしています。生徒は学生が多く、新卒でIT企業に入った人も多いのであまり参考になるデータではないですが…。中にはフリーランスになった人や自分で事業をやっている人もいます。

 

継続率は低いけど、4%に入ればほぼ確実にものになる世界です。

 

どことは言いませんが大手のプログラミングスクールの事情もいくつか知っているのですが、数字はどこも同じような感じです。

 

独学でも、プログラミングスクールに通ってもモチベーションの維持さえできれば、プログラミングは出来るようになります。

 

今は個別やオンラインの方が良いとされていますが、上記のデータなどから、実はリアルなスクールで講義形式の方が生徒にとって良いのではないかと思っています。確かに通い放題とか、質問し放題にして自習ベースで勉強させるのは運営側からすると楽なんです、一定数しか通わないし、質問しないから。

挫折しにくい環境とは

継続できる、挫折しない環境に身を置くのが、プログラミングを習得する上で最も大切なことです。ではどんな環境が挫折しにくいか…

 

1番は就職してしまうことです。

就職してしまえば、嫌でも仕事はあるし毎日PCと向き合うようです。新卒だったら研修なんかもあります。お金をもらって勉強も出来るなんて最高じゃないですか!!

 

ただ、未経験だけど転職したいって人には厳しいです。

未経験OKと書いてある求人も実際は純粋な未経験はほぼ取りません。

省略してるだけで、実際は実務未経験OKなのです。実務はやってなくても、自分で勉強して基礎はわかってるよね!ってのが前提です。

まぁでもそれは普通だと思います。しばらくはバリュー0でも長い目で見て、バリューを発揮してもらえればいい、と言えるほど余裕がある会社ばかりではありませんからね。

 

就職するという選択肢は新卒以外ないわけで、それを除いたら、プログラミングスクールに通うという選択肢もあります。

お金を払ったからには取り返そうと言う気持ちが少しは働くし、質問出来る環境は躓きにくくなります。また、オンラインではなく、リアルなスクールは同じ生徒同士の交流や繋がりも出来るので、一緒に頑張る仲間が出来て挫折しにくくなるでしょう。

 

そして最後に、1番ハードルが高いのが独学です。

勉強を初めて、最初の頃は理解できなくて、1人何時間も悩むこともあると思います。わからないことやバグも基本は自分で解決しないといけません。周りには誘惑もいっぱいあるし、励ましてくれる人もいません。

この状況で独学できる人は、なかなか意思が強い人です。

 

しかし、確かにハードルは高いものの、独学が無理だとは全く思いません。僕も独学ですし、周りでも独学の人はたくさんいます。

 

塾や家庭教師にお金をかけ、参考書もいっぱい買って大学に受かる人もいれば、ほとんどお金をかけずに独学で受かってしまう人もいるのと同じです。

 

勉強方法に関する記事は以前書いたので、そちらを参考にしてみてください。

プログラミングの独学が向いている人の4つの特徴

プログラミングスクールに通っても独学でも、かなりの人が挫折するプログラミングの勉強ですが、一体どんな人であれば継続ができるのか。中でも1番ハードルの高い、独学で習得した人はどんな人なのか、その特徴を説明します。

1,勉強慣れしている

勉強慣れしている人は、効率的に勉強する方法や自分にあった勉強法をわかっています。それに辛抱強さもあります。

 

学歴が高い方が有利という話しでは全然ないです。

プログラミングは覚える勉強ではなく、理解する勉強です。理解して使いこなせることが重要なので、暗記でそこそこの学歴をゲット出来る受験勉強とは少し違います。

理系が強いと言われているのは、『理解する勉強』だからです。(文系出身エンジニアもいっぱいいます。)

 

受験勉強や学校の勉強に限らず、何か熱心に勉強していた人は強いです。

これは想像ですが、ゲーマーとかも向いている気がします。

余談ですが、ゲーマーは投資にも向いているとよく言われます。有名な億トレーダーの人でゲーム好きは結構多いです。

2,絶対に習得しないといけない理由がある

僕の場合はこれがあったので独学できました。

僕は学生を卒業してから就職しないと決めていたので、どうにかして食っていかなきゃいけない、だからプログラミングをやらなきゃいけない、出来るようにならないと生活できない、とやらないといけない理由がありました。だから続けてられました。

プログラミングは大学の授業でやっていたので正確にはコーディングやJavaScript,wordpress,サーバーとかです。

 

変な話しですが、1年後出来るようにならなかったら、大切な人を殺すと言われたら、そりゃ誰だって本気で勉強するし、出来るようになります。強烈な理由(モチベーション)があれば続くのです。

3,好きなことにハマりやすい性格

プログラミングをやってみて、面白い、楽しいと感じられる人は独学でもやっていける可能性が高いです。

 

誰でも好きなことはあると思います。その好きなことだったら、何時間でも出来るのではないでしょうか?僕は映画と読書が好きで、1日中見てられます。今はプログラミングを1日中やるのは僕は無理です。笑

 

僕が教えてた方で、ハマって夢中で何時間も勉強してた方がいました。その方は未経験から1年くらいでフリーランスになっています。

 

逆に全く好きになれない人はやめた方がいいです。いくら稼げても、自由な生活が出来ても、好きなことを仕事にしないと楽しくないと思います。

4,プログラミング以外で成功体験がある

スポーツでも勉強でも1度何かで成功体験がある人は、新しいことに挑戦するときも強いです。

辛抱強さというか、気合いと根性というか…

だから成功は連鎖するのかなと、個人的には思っています。

 

現に一緒に働いてるメンバー(エンジニア)は高校の部活で良い成績を残していたり、キャプテンをやっていたりしています。

プログラミングスクールに通った方が効率的?

通った方が良いかどうかと聞かれれば、お金があるんだったら通った方がいいです。

 

良いプログラミングスクールに通うのは効率のいい行為です。3ヶ月で30万かかったとしても、仕事出来るようになるまでの学習期間が1ヶ月でも縮まれば長い目で見て全然プラスですからね。仕事とスキルがあれば1ヶ月で30万稼ぐのは簡単なので、目先のリスク(金がかかる)だけにとらわれない方が良いです。

 

Twitterでは何回も言っていますが、プログラミングスクールに通うかどうかは投資なのでリターンが大きければベットするべきです。

ただ、今はプログラミングスクールも乱立していて、80万とかかかるのに内容は…みたいなところも多いです。大手だからいいってこともないし、良いプログラミングスクールを見つけるのはなかなか大変だったりもします。

どこに通おうか迷ってる方は、Twitter(@naoto_k0401)でDM貰えれば相談に乗ります。ポジショントークなしでアドバイスします!笑

 

プログラミングスクールと独学の比較は以前の記事も参考にしてみてください。

まとめ

今回は独学が可能かどうかに、答えてみました。

 

大事なことをまとめると、

  • プログラミング学習は挫折しないこと、継続することが大事
  • 挫折しない、継続出来るような環境を作ること
  • ハードルは高いけど独学も可能だし、独学が向いている人もいる
  • プログラミングスクール通った方が継続率は上がる(良いとこ選びましょう)

といった感じです。参考になれば何よりです。

 

ぜひフォローしてください!!

Twitter(@naoto_k0401)