評判をもとに無料プログラミングスクール比較!おすすめも紹介!

Writing by Jyu

webkoreはフリーランスのweb制作チームで運営しています。お仕事のご依頼は、web制作やシステム開発のご相談その他のご相談からお気軽にご相談ください。

プログラミングスクールの中には受講料が無料のスクールもあります。

 

『タダより怖いものはない』と言われるように、無料プログラミングスクールにはデメリットもありますが、ちゃんとメリットもあります。

 

この記事では、これからプログラミングスクールに通おうと思っている方向けに、無料プログラミングスクールの特徴や現役エンジニア目線で見たおすすめを紹介します。是非参考にしてみてください!!

TOPICS

無料プログラミングスクールはなぜ無料なのか

無料プログラミングスクールを運営している会社はもちろんボランティアで運営しているわけではありません。

 

無料スクールに限らず、プログラミングスクールは下記の2つで稼いでいます。

  1. 生徒からの受講料
  2. 転職したい生徒を提携している企業に紹介し、転職が成功した際に企業からもらえる紹介料

無料のスクールはこの1を無料にしたものです。

1と2では2の方が金額が高くなる事が多く、そっちで稼げるから受講料は無料にするモデルですね。企業は高いお金を払ってまでも、未経験の人材を採用したいということなので、相当なエンジニア不足になっていることが伺えます。

 

大手のスクールが転職コースに力を入れているのもこの2があるからです。

有料のプログラミングスクールの転職コースとの違いは?

有料のプログラミングスクールの転職コースとの大きな違い(金額以外)は下記の2点です。

  • 紹介できる転職先
  • 教育の質

 

無料のスクールは元々人材系の事業をやっている会社が多いです。それに対し、有料のスクールは教育事業が先で、その後転職コースを作り人材でも稼いでいます。

無料のスクール:人材事業→教育事業

有料のスクール:教育事業→人材事業

 

このような特徴から、無料のスクールは紹介出来る転職先が多かったり、バリエーションが豊富な場合もあります。ただし、有料のスクールよりも学習する時間が短かったり、質が低かったりすることもあります。

実際無料プログラミングスクールってどうなの?

無料プログラミングスクールについて、良くない口コミを見かけることがあります。

 

確かにデメリットもありますが、メリットもちゃんとあるので、ここではメリットとデメリットについて紹介します。

無料プログラミングスクールのメリット

  1. 無料
  2. 学習期間が短いので転職までがスピーディー
  3. 転職先の紹介や転職サポートがある
  4. 卒業後、正社員として雇用してもらえるとこもある

無料プログラミングスクールにはこのようなメリットがあります。1つずつ簡単に説明します。

 

無料

無料スクールと言うだけあって、基本的には無料で受講することができます。

中には、教材費のみ受講生が負担するといったスクールもありますが、負担したとしても1万円ほどです。有料スクールの転職コースは60~80万円程の受講料がかかりますので、1万円であれば、そこまで気にならないのではないでしょうか。

 

有料スクールに通う余裕がない方、失業中の方、退職したのちにスクールに入校する方にとっては、大きなメリットです。

 

やはり『無料』は多少のデメリットも凌駕するほどの大きなメリットですよね。

 

学習期間が短いので転職までがスピーディー

無料スクールは、10日~3,4ヶ月と比較的に学習期間が短いです。

公式サイトや口コミを見ても、入校から転職まで平均2~3ヶ月ほどのところが多い印象です。

 

早く現場に出たい方や実務を通して学んでいきたい方にとって、無料スクールはいい環境です。

 

転職先の紹介や転職サポートがある

前述した通り無料スクールは、転職させて、企業から紹介料を得るビジネスです。従って、教育から転職までの全過程をサポートします。

 

以下、多くの無料スクールが取り入れている、基本的なサポート内容です。

  • 教育 (プログラミング~ビジネス研修まで)
  • キャリアカウンセリング
  • 履歴書、経歴書、スキルシート等の添削
  • 面接対策
  • 転職先の紹介
  • 転職後のサポート

 

未経験からエンジニアやIT業界への転職を目指す場合、わからないことも多いと思います。教育から転職までをサポートしてもらえるのはとても安心できるのではないでしょうか。

 

卒業後、正社員として雇用してもらえるとこもある

卒業後、無料スクールの運営会社が受講生を正社員として雇用する仕組みを取り入れているケースも存在します。

 

こんな人におすすめ

  • お金に余裕がなく、出来るだけ早くエンジニアになりたい人
  • SESやSlerでも良いから出来るだけはやくエンジニアになりたい人
  • 学ぶ意識が強い人(自発的に学んでいける人)

無料プログラミングスクールのデメリット

  1. 年齢制限があるところが多い
  2. 東京、関東圏に限られてることが多い
  3. SES、Slerが多いく、自社開発やweb系少ない
  4. 自身で就職先や働き方を選ぶことが難しい
  5. 言語がある程度限られている
  6. スクール経由での就職が条件となるところが多い
  7. 場合によっては、違約金が発生するとこがある

無料プログラミングスクールにはこのようなデメリットがあります。1つずつ簡単に説明します。

 

年齢制限があるところが多い

入校条件として、18~29歳と年齢制限を設けているスクールが多いです。年齢制限のないスクールや35歳まで入校可能なスクールも存在しますが、比較的に少ないです。

 

未経験からエンジニアになる場合、年齢が上がるにつれて採用難易度も上がる傾向にあります。そのため、20代を対象にしたスクールが多いのが現状です。

 

しかし、対象年齢外でも有料で受講し、転職が成功した場合、受講料が全額キャッシュバックされる仕組みを取り入れているところもあります。このようなスクールを利用することで、対象年齢外の方も実質無料で受講することができます。

 

東京、関東圏に限られてることが多い

紹介できる企業やスクールの場所などの関係から、東京や関東圏に限定されることが多く、地方にお住いの方にとってはデメリットになってしまいます。

 

中には、全国の主要都市にスクールや紹介できる企業をもつスクールもあります。

 

SES、Slerが多く、自社開発やweb系企業少ない(口コミ)

紹介される企業は、SESやSlerが多く、自社開発やweb系企業が少ないとの口コミがあります。自社開発やweb系の開発を望む方にとってはデメリットになるのではないでしょうか。

 

ただし、必ずしもSESやSlerが悪いということもないので、まずはSESやSlerでも良いから転職するという選択でも良いと思います。

 

自身で就職先や働き方を選ぶことが難しい(口コミ)

就職先の企業や働き方を自身で選ぶことは難しいとの口コミがあります。

 

もちろん、全てのスクールがそうではないと思います。スクール側も受講生の希望を考慮して、紹介する企業を選ぶようですが、自身で求人を見て、選ぶといった仕組みを取り入れているスクールは少ないのかもしれません。

 

どこのスクールもカウンセリングは無料なので、カウンセリングの際にしっかり確認しておいた方が良いです。

 

言語がある程度限られている

インフラ系のコースを除くと、言語はPHP、Java、Rubyあたりに限定されてくると思います。中でもJavaを採用しているスクールが圧倒的に多いです。

 

紹介される企業にSESやSlerが多いことが理由だと思われます。

自社開発やweb系企業に転職したい方は、PHPかRubyを学べるスクールを選んだ方が良いです。

 

スクール経由での就職が条件となるところが多い

有料スクールも同じですが、スクールからの紹介で転職しないとスクールは企業から紹介料をもらえないので、基本的にはスクール経由での就職が条件となります。

 

場合によっては、違約金が発生するとこがある

場合によっては10万円以上の違約金が発生するスクールもあります。

退学可能期間外に退学した場合やスクール経由での就職が条件となっているにも関わらず、自身で就職活動を行い就職してしまった場合など、条件は様々です。

 

違約金の有無や条件などは、入校前にチェックすることをお勧めします。

また、違約金については、利用規約などに記載されていることもありますので、見落とさないよう気をつけましょう。

 

こんな人におすすめ出来ない

  • 就職先を自身で選びたい人
  • 働き方にこだわりがある人(SESやSlerが嫌など)
  • 学習に時間をかけたい人

無料プログラミングスクール比較!おすすめランキング!

現役エンジニア目線で見た、おすすめの無料プログラミングスクールをランキング形式で紹介します。

 

無料プログラミングスクール選びで特に重要な下記についても説明を入れています。

  • 年齢
  • コース、言語
  • 期間、学習スケジュール
  • 学習スタイル
  • サポート
  • 就職先
  • 違約金

 

どのスクールもカウンセリングなど無料でやっているので、雰囲気を掴むためにも気になったスクールは実際にカウンセリングを受けてみると良いです。

1位:GEEK JOB

年齢

年齢制限(Good!!)

GEEK JOBは、20代の方が対象になります。

しかし、条件付きにはなりますが、30歳以降の方も実質0円で受講することが可能なようです。以下、GEEK JOB公式サイトの「よくあるご質問」に記載されている内容となります。

Q. 年齢が30歳を超えていますが、通学は可能でしょうか?

A. 申し訳ございません、「転職コース」につきましては、基本的には20代の方を対象とさせていただいております。ただ、一旦「学習コース(120,000円(税抜き))」にご参加いただき、その後就職支援をさせていただくことは可能です。
※もし当社がご紹介する求人で就職がきまりましたら、事前にいただいておりました学習コースの料金を全額キャッシュバックさせていただきます。(実質無料となります)

 

コース、言語

コース(Good!!)

  • 未経験プログラマー転職支援コース
  • 未経験インフラエンジニア転職支援コース

GEEK JOBでは、上記の2コースが設けられています。

開発だけでなく、インフラエンジニアを目指す方も受講できます。

 

言語(Good!!)

未経験プログラマー転職支援コースでは、メインとなる言語を、PHP、Java、Rubyから選択することができます。選択肢は3言語となりますが、言語を選択できないスクールが多い中、受講生自身で言語を選択できるメリットは大きいと思います。自社開発やweb系企業を望むのであれば、PHPかRubyを選択しましょう。

 

未経験インフラエンジニア転職支援コースでは、Apache、MySQL、Linux、AWSの基礎について学びます。インフラエンジニアを目指すのであれば、AWSを学べるスクールを選ぶことをお勧めします。

 

期間、学習スケジュール

期間(Soso)

1~3ヶ月となります。

個人のスキルよって異なります。

 

学習スケジュール(Good!!)

週10時間~の学習スケジュールを組むことが前提となっています。

夜間+土日、空き時間、土日のみなど学習スケジュールは様々で、メンターとの面談を通して決定します。社会人の方でも無理なく受講できる仕組みが整っています。

 

また、口コミになりますが、タイムカードを利用して通学時刻や遅刻等の管理を行なっているようで、学習時間の確保に力を入れているスクールの可能性が高いです。(口コミ)

 

学習スタイル

受講形態(Good!!)

通学、オンライン受講、共に可能となります。

基本的には通学を推奨しているようですが、社会人の方など通学が難しい場合は、オンライン受講も可能となります。講師への質問もオンライン、オフライン共に可能です。

 

地方在住者の入校(Bad)

GEEK JOBは、地方からの通学が不可になります。

入校する場合、通学初日までに、関東圏への引っ越しが必要になります。

 

サポート

サポート内容(Good!!)

  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面談練習
  • 未経験者採用を知り尽くした転職メンターのアドバイス
  • 約500社の優良企業の紹介

上記、公式サイト記載のサポート内容となります。

 

基本的に受講後は、内定が出るまで、求人がなくなるまで企業を紹介してもらえます。就職活動がうまくいかないことを理由にサポートを切られるようなことがないのは安心です。万が一、GEEK JOBで就職できなかった場合も違約金を取られることはありません。

 

また、カリキュラムにはオリジナルwebアプリ開発が含まれており、一人で企画から実装までを行います。就職前に開発を一通り経験することで、面接で話せる幅も広がりますし、メリットとしては大きいと思います。

 

就職

就職先企業、働き方(Good!!)

GEEK JOBが紹介する企業は派遣やバイトではなく、正社員雇用がメインになります。転職率も97.8%と高いようですし、企業を選ばなければ、誰でも転職できるのではないかと思います。

 

また、口コミになりますが、SESが多いようです。(口コミ)

 

違約金

違約金の有無(Bad)

場合によっては違約金が発生します。

違約金については、GEEK JOBの利用規約に記載されていますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

 

 

GEEK JOBまとめ

違約金の発生や関東圏に限定されることなど、デメリットもありがすが、それ以上にメリットが大きいスクールだと思います。

 

社会人の方でも継続しやすい仕組みが取り入れられていますし、転職率や転職後の雇用形態、サポート内容などを踏まえると、GEEK JOBが無料スクールではトップになるのではないかと思います。

 

2位:プロエンジニア

プロエンジニアには、プログラマカレッジとエンジニアカレッジがあります。

プログラマカレッジはプログラマを、エンジニアカレッジはインフラエンジニアを目指す方が対象になっています。

 

プログラマカレッジ(開発系)

年齢

年齢制限(Bad)

プログラマカレッジは、20代の方が対象になります。

 

コース、言語

コース(Good!!)

  1. 個別研修コース (40時間/2ヶ月)
  2. 平日5日間コース (420時間/4ヶ月)
  3. 週3夜間コース (100時間/4ヶ月)

プログラマカレッジでは、上記の3コースが設けられています。

個別研修コースは、マンツーマンレッスンとなっています。

マンツーマンレッスンを取り入れている無料スクールは多くないですし、効率よく学びたい方におすすめです。

 

言語(Good!!)

HTML5、CSS3、JavaScript、jQuery、PHP、Javaなどが学べます。

プログラマカレッジは、他の無料スクールと比べ、カリキュラムで学べる技術の幅が広いです。

 

技術以外にも「仕様書、設計書、テスト」などもカリキュラムを通して学ぶことができます。企業で働くのであれば、「仕様書、設計書、テスト」の理解はマストですし、事前に学ことができるのは、受講生だけでなく、受け入れる企業にとっても大きいのではないでしょうか。また、チーム開発が含まれているコースもあり、実践に近いカリキュラムになっています。

 

期間、学習スケジュール

期間(Good!!)

1~4ヶ月となります。

受講するコースによって期間は異なります。

 

平日5日間コースでは、受講開始から就職まで4ヶ月間(420時間)と期間が設定されています。スキルによっては、期間の短縮もありますが、無料スクールの中では長期になります。長期になれば、その分コードを書く時間も長くなりますし、スキルアップにも繋がりやすい環境にあるのではないかと思います。

 

学習スケジュール(Soso)

10:00~18:00が、受講時間となります。

プログラマカレッジは、カリキュラムが充実しているスクールです。

カリキュラムが充実している分、ハードスケジュールになる可能性があることを理解しておきましょう。しっかりと予習復習を行わなければ、遅れを取り、駆け足で学んでいくことになってしまいます。広く浅くとならないよう、予習復習に力を入れることをおすすめします。

 

学習スタイル

受講形態(Soso)

通学制となります。

コースによっては、一部オンライン受講も可能になります。

 

地方在住者の入校(Bad)

一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)在住の方が対象となり、地方にお住いの方は引っ越しが必要になるようです。(口コミ)

 

サポート

サポート内容(Good!!)

  • エントリーシート指導
  • 履歴書の書き方指導
  • SPI対策
  • 模擬面接
  • マナー研修
  • 有名企業での有給インターン
  • 求人(3500件以上)や取引企業(800社以上)の紹介

上記、公式サイト記載のサポート内容となります。

 

サポートにSPI対策が含まれる無料スクールは、多くありません。

充実したサポート内容は、プログラマカレッジの強みです。

 

また、希望すれば有名企業での有給インターンが受けられます。

インターンを通して、事前にIT企業での働き方や雰囲気などを感じることができるのは受講生からすると安心なのではないでしょうか。

 

就職

就職先企業、働き方(Good!!)

正社員就業率96.2%と記載されていることから、取り扱い求人の多くが、正社員雇用または、正社員雇用を視野に入れた求人なのかと思います。

 

また、SESが多いようですが、口コミを見ると自社開発やweb系の企業へ就職した方もいるようです。(口コミ)

 

違約金

違約金の有無(Good!!)

違約金は発生しません。

研修内容やサポートが充実しているプログラマカレッジですが、退学した場合なども違約金は発生しません。

 

エンジニアカレッジ(インフラ系)

年齢

年齢制限(Bad)

エンジニアカレッジは、20代の方が対象になります。

 

コース、言語

コース(Good!!)

  1. Skype個別研修コース (2週間)
  2. 通学個別研修コース (1ヶ月)
  3. 通学授業実践形式コース (2ヶ月)

エンジニアカレッジでは、上記の3コースが設けられています。

コースによって、受講形態や期間が異なります。

 

言語(Good!!)

Apache、PostgreSQL、Linux、AWSなどが学べます。

AWSに関しては、Webサーバ構築デモを見るだけのようです。

 

期間、学習スケジュール

期間(Bad)

2週間~2ヶ月となります。

エンジニアカレッジに限ったことではありませんが、インフラコースの学習期間は短い傾向にあります。スクール外でも自発的に学んでいくようにしましょう。

 

学習スケジュール(Soso)

エンジニアカレッジには、オンライン1コース、オフライン2コースの計3コースが設けられています。学習スケジュールの記載はありませんが、恐らくオフラインコースはプログラマカレッジ同様、10:00~18:00が受講時間になるのではないかと思います。検討する場合は、事前に説明会やお問い合わせから確認しましょう。

 

学習スタイル

受講形態(Good!!)

通学、オンライン受講、共に可能となります。

オンライン受講で通学コストを省けるのは、社会人の方にとっては大きなメリットになるのではないでしょうか。

 

地方在住者の入校(Bad)

一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)在住の方が対象となり、地方にお住いの方は引っ越しが必要になるようです。(口コミ)

 

サポート

サポート内容(Good!!)

  • エントリーシート指導
  • 履歴書の書き方指導
  • SPI対策
  • 模擬面接
  • マナー研修
  • 求人(3000件以上)や取引企業(800社以上)の紹介

上記、公式サイト記載のサポート内容となります。

 

プログラマカレッジ同様、充実したサポート内容となっています。

エンジニアカレッジは、インターン制度を取り入れていませんので、ご注意ください。

 

就職

就職先企業、働き方(Good!!)

正社員就業率96.2%と記載されていることから、取り扱い求人の多くが、正社員雇用または、正社員雇用を視野に入れた求人なのかと思います。

 

また、口コミになりますが、SESが多いようです。(口コミ)

 

違約金

違約金の有無(Good!!)

違約金は発生しません。

退学した場合なども違約金が発生しないのは大きなメリットです。

 

 

プロエンジニアまとめ

プロエンジニアは、幅広く、かつしっかりと学べる環境が整っているスクールだと思います。

カリキュラムやサポート内容なども充実していますし、無料スクールであれば、GEEK JOBとプロエンジニアの2択になるのではないかと思います。

 

3位:0円スクール

年齢

年齢制限(Good!!)

0円スクールは、18歳~35歳の方が対象になります。

無料スクールの中では、対象年齢の幅は広いほうです。

 

コース、言語

コース(Good!!)

  1. 初心者コース
  2. 開発コース

0円スクールでは、上記の2コースが設けられています。

コースによって、カリキュラムの受講範囲や期間が異なります。

 

言語(Soso)

HTML5、CSS3、JavaScript、jQuery、Javaなどが学べます。

 

期間、学習スケジュール

期間(Soso)

1~3ヶ月前後となります。

受講するコースによって期間は異なります。

 

学習スケジュール(Good!!)

週16時間以上の学習スケジュールを組むことが前提となっています。東京、仙台、大阪、福岡、名古屋は9:30~18:30、札幌は9:00~18:00が学習可能時間となります。

 

0円スクールは、初心者コース(~493時間)、開発コース(~411時間)と学習時間が長くなります。

学習内容の受講時間目安を見ても、コーディングに多くの時間を費やせるカリキュラムとなっており、スキルアップが望める環境にあるのではないかと思います。

 

また、ハードスケジュールになる可能性があることを理解しておきましょう。

下記、初心者コースの学習期間と学習時間になります。未経験者や初心者の方の学習スピードを考えると、なかなかハードになるのではないかと思います。

  • 学習期間 → 1~3ヶ月前後 (平均2ヶ月半)
  • 学習時間 → ~493時間

 

学習スタイル

受講形態(Bad)

通学制となります。

 

地方在住者の入校(Good!!)

通学制にはなりますが、東京・札幌・仙台・大阪・福岡・名古屋の主要都市にスクールがあります。東京や関東圏に限定されることなく通うことができるのは、地方にお住いの方にとっては大きなメリットになるのではないでしょうか。

 

スクール外でのカリキュラム閲覧が不可(Bad)

カリキュラムは、スクール内でのみ閲覧可能のようです。

そのため、自宅でカリキュラムを閲覧し、予習復習することができません。

 

サポート

サポート内容(Soso)

  • 面談練習
  • ビジネスマナー
  • スキルシートの書き方指導
  • 運営会社の株式会社ブレーンナレッジシステムズへの就職

上記、公式サイト記載のサポート内容となります。

 

卒業後に、運営会社の株式会社ブレーンナレッジシステムズへ就職することも可能となります。しかし、誰でも就職可能なわけではなく、中途採用と同じ選考を受けたのちに合否が決まります。口コミにはなりますが、卒業生のほとんどの方が、株式会社ブレーンナレッジシステムズへ就職しているようです。(口コミ)

 

また、一人ひとりの理解度や社会人マナーに合わせた個別指導を受けることができます。

 

就職

就職先企業、働き方(Soso)

卒業後は、運営会社の株式会社ブレーンナレッジシステムズでSESとして働いていくことが多いようです。ブレーンナレッジシステムズへの就職は強制ではないので、卒業後に自身で就職活動を行うことも可能ですが、0円スクール経由で就職する場合は、就職先や働き方が限定されてくることは理解しておきましょう。

 

就職情報については、公式サイトにもあまり記載されていませんので、検討される場合は、事前に説明会やお問い合わせから確認するようにしましょう。

 

違約金

違約金の有無(Good!!)

違約金は発生しません。

退学した場合なども違約金が発生しないのは大きなメリットです。

 

 

0円スクール まとめ

就職先や働き方などがある程度限定されてしまい、卒業後の幅が狭まるといった理由でこの順位となっています。就職先や働き方にこだわりがない方でも、万が一のことを考え、就職先の幅は確保しておいたほうがいいかと思います。

この記事を書いた人

Jyu

元空間コーディネーター。独学→SES→フリーランス(1年目)。完全リモートでweb制作を中心に行なっています。